GARAGE ROCKIN' CRAZE Screening with English subtitles confirmed! 英語字幕付き上映決定!2017年1月14日(土)〜1月27日(金)渋谷HUMAXシネマにて2週間限定ROCKIN'レイトショー! ステッカー付き特別鑑賞券 1,300円絶賛発売中!

NEWS

2017/1/20
名古屋シネマスコーレ初日舞台挨拶決定!

名古屋の皆様、お待たせいたしました!マリオ・クジク監督、B.B.クラーク(脚本)が、名古屋の皆様にも感謝の気持ちを伝えたい! という事で名古屋シネマスコーレ公開初日の舞台挨拶が決定いたしました!

【日時】1/28(土)|20:05の回上映前
【劇場】名古屋シネマスコーレ|TEL:052-452-6036|http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/ 【ゲスト】B.B.クラーク(脚本)、マリオ・クジク監督

※1/28(土)当日朝10時より劇場窓口にて舞台挨拶鑑賞券にお引換え開始いたします!

2017/1/20
名古屋公開記念前夜祭開催決定!

マリオ・クジク監督とB.B.クラークも参戦決定!

【日時】1/27(金)|開場18:00/開演18:30
【料金】前売1500円/当日2000円(共に+1D500円別)
【会場】名古屋大須ライブハウスOYS|http://www.oys-records.com/|〒460-0011名古屋市中区大須1-35-31 B1F
【出演】ガンちゃん(GASOLINE)、THE MINNESOTA VOODOOMEN、BAITONES、TAKEUCHI(非常のライセンス)、B.B.クラーク(脚本)、マリオ・クジク監督
[DJ]KATO FUZZIST(Fuzzist And The Voodoo Bones)

※名古屋公開が待ちきれないメンバーが勢揃い!ライブあり、トークありの大盛り上がり間違いなし!

2017/1/20
渋谷HUMAXシネマ劇場イベント決定!

『GARAGE ROCKIN' CRAZE』の大ヒットを記念して!渋谷HUMAXシネマにて劇場イベントが決定いたしました!
皆様、ぜひ映画と合わせてお楽しみください!尚、渋谷HUMAXシネマは上映最終日の1/27(金)まで上映開始時間は20:40~で変更ありません。

<第1弾> 1/20(金)20:40の回上映前
“Rockin’Enocky”ミニライブ開催!
もちろん本作にも出演しており、ギターウルフのセイジをして「俺のギターの師匠。」と言わしめるJackie & The CedricsのRockin’Enockyが映画上映前にミニライブを開催!
映画を観る前に楽しい音楽で気持ちをリラックス出来るなんて、なんて贅沢なんでしょう!渋谷HUMAXシネマのカウンターにはアルコール類も充実!ぜひお酒片手に楽しんでください!

<第2弾> 1/21(土)20:40の回上映前
“Daddy-O-Nov&Tsuneglam Sam”スペシャルトークイベント開催!
本作の主演とも言える、Back From The Grave主宰のDaddy-O-Novと本作でもひときわ異彩を放っているグラムバンドYoung ParisianのTsuneglam Samのスペシャルトークイベントが実現!旧知の間柄であるだけでなく、プロフェッショナルのライターとしての一面も持つTsuneglam Samの聞きだす力によって激レアトークになるのは間違いありません!映画を観る前に聞けば、もちろんより映画を楽しめますし、リピーターのお客様には更なる発見の手助けになるのは間違いありません!

2017/1/10
名古屋シネマスコーレにて上映決定!

待望の名古屋での上映が以下のスケジュールで決定いたしました!

【日 時】1/28(土)~2/3(金)|連日20:05より上映
【劇 場】名古屋シネマスコーレ|TEL:052-452-6036|http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/

ステッカー付き特別鑑賞券も発売決定!詳しくは劇場まで。

2017/1/6
渋谷HUMAXシネマ公開初日舞台挨拶決定!

遂に劇場公開初日!この日を待ち続けて下さった皆様にマリオ監督とクラークが感謝のご挨拶!

【日時】 2017年1月14日(土)|20:40の回上映前

【場所】 渋谷HUMAXシネマ|TEL:03-3462-2539|http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/shibuya/index.html

※1/11(水)AM0:00より劇場HPにてオンラインチケット発売開始。 特別鑑賞券をお持ちのお客様は劇場窓口にて当日のチケットとお引換下さい。

【ゲスト】 マリオ・クジク監督、B.B.クラーク(脚本) 

2017/1/6
劇場限定グッズ発売決定!

公開初日1/14(土)より劇場限定グッズの発売が決定いたしました!
お買い逃しなく!

■パンフレット|定価800円(税込)|A4判・全24ページ・フルカラー
<豪華掲載内容>
・解説(文・中上マサオ)
・マリオ・クジク監督とB.B.クラークのおススメディスクガイド付き出演バンド紹介
・マリオ・クジク監督インタビュー(インタビュアー・恒遠聖文)
・Daddy-O-Novインタビュー(インタビュアー・中上マサオ)
・コラム:セイジ(ギターウルフ)
・コラム:Tsuneglam Sam(Young Parisian)
・コラム:TAYLOW(the原爆オナニーズ)
・コラム:森直人(映画批評&ライター業)
・写真:小野由希子

■ポスター|定価1,000円(税込)|B2判
メインビジュアル発表時より絶賛の嵐!
世界的に活躍する覆面画家Rockin'Jelly Bean描き下ろしのメインビジュルポスター発売決定!

■Tシャツ|定価3,000円(税込)|カラー:白・黒|サイズ:XS、S、M、L、XL
もはやRock映画の定番アイテム!もちろん映画オリジナルTシャツも販売致します!
映画のロゴをプリントして白と黒の2色ご用意!

2017/1/6
公開記念前夜祭開催決定!

映画出演バンド、DJが総出演!お得すぎる!映画特別鑑賞券付きチケットもあります!
BACK FROM THE GRAVE RETURNS
“13日の金曜日だョ!全員集合~新年&映画『GARAGE ROCKIN’CRAZE』公開直前スペシャル~”

【日時】2017年1月13日(金)|19:00~夜明けまで!
【場所】東高円寺U.F.O. CLUB http://www.ufoclub.jp/
【バンド】Texaco Leatherman、A-Tonetts [Yoshiko(The 5.6.7.8's)&Lora]、MAD3、The Great Mongoose The Titans、Tweezers、Toko Black、The Minnesota Voodoo Men、マキニカリス、Los Rizlaz VIVIAN BOYS、STOMPIN' RIFFRAFFS、Theee Bat、THE FADEAWAYS、The Drexel、MELLViNS 全16バンド予定
【DJ】Jimmy Mashiko、Daddy-O-Nov、Mr.Death
【料金】前売・当日2,000円/映画特別鑑賞券付きチケット2,800円 ※共に別途ドリンク代

2017/1/6
公開直前!Rockin’トークナイト!開催決定!

年明け1/14(土)からの渋谷HUMAXシネマでの劇場公開を目前に控え、
より映画を楽しむためのトークイベントが下北沢のぷあかうで開催されることが決定いたしました!
映画を観る前に聞いておくと映画が100倍面白くなるのは間違いない!かもしれない!

【日時】2017年1月11日(水)|20:00~22:00
【場所】ぷあかうSTAY FREE(世田谷区北沢2-9-24 博雅ビル4F)
【ゲスト】Daddy-O-Nov、B.B.クラーク(脚本)、マリオ・クジク監督 他豪華ゲスト予定!
【料金】入場料金はございませんが、必ず1ドリンク以上のご注文をして頂きます。

2016/11/30
EROSTIKAより映画公開記念Tシャツ発売決定!

本作に出演をし、メインビジュアルも手掛けた覆面画家Rockin'Jelly BeanのブランドEROSTIKAより、映画公開記念Tシャツの劇場先行発売が決定いたしました!映画メインビジュアルを大きくプリントした絶対手に入れたい1枚です。
1/14(土)より渋谷HUMAXシネマにて先行発売!

価格:3,800円(税抜)
カラー:黒/白 サイズ:XS/S/M/L/XL
Designed by Rockin’Jelly Bean
Products of EROSTIKA

「最初話をもらった時はもっとシンプルなビジュアルを予定していたのだが、プロト版のフィルムを見せてもらったとき自分の予想をはるかにしのぐ内容の濃さと掘り下げ度合い、そしてシーンに対する監督マリオとクラークの凄まじい愛情を感じた!決して身内ノリなどでは済まない誇るべき日本の音楽カルチャーの一片として世界中沢山の人にこの映画を是非観てもらいたい‼︎‼︎という思いからこのような仕上がりになりました、しかし似顔絵にハマり若干ガレージ感が無くなってたことは否めません…。 バンドやライブハウスに興味がない人が観ても楽しめると思う!出てる人達がマジで全員イイ―顔してるんです!その中でも飛び抜けてイイ―――顔してるのがダディオーNov!皆んな好きな仲間と劇場で大騒ぎして観に行ってください、あ、前売りチケットもカワイイです。」
―Rockin'Jelly Bean

2016/11/22
英語字幕付き上映決定!
世代や性別、ジャンルや国籍、全てを受け入れる“Back From The Grave”ならでは!
日本在住の外国の方も、海外から遊びに来られている方も映画『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』を楽しんでいただけるように、 劇場公開時に本編の英語字幕付きでの上映が決定いたしました!
ぜひ、英語は話せるけれど、日本語が分からないRock'n'Rollが好きな方にお知らせください!
2016/11/22
ステッカー付き特別鑑賞券1,300円絶賛発売中!

大好評のステッカー付き特別鑑賞券1,300円は下記店舗にて絶賛発売中です!
※尚、各ライブハウスでは脚本(構成)のB.B.クラークさんが神出鬼没に発売中ですw

渋谷HUMAXシネマ
映画が公開される渋谷HUMAXシネマ劇場窓口にて絶賛発売中!
http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/shibuya/index.html
TEL:03-3462-2539

ディスクユニオン
新宿パンクマーケット | 渋谷パンクヘヴィメタル館 | 下北沢店 | 吉祥寺店 | お茶の水駅前店 | 横浜西口店 | 柏店 | 北浦和店 | 千葉店 | オンラインショップ
上記店舗にて絶賛発売中!
http://diskunion.net/punk/ct/news/article/1/62377

EROSTIKA
『GARAGE ROCKIN' CRAZE』のメインビジュアルを手掛けたRockin' Jelly Beanのショップ、
原宿EROSTIKAでも絶賛発売中!
http://erostika.net/item.php?s|id=104392

2016/11/22
公式HPリニューアルOPEN!
公式HPがリニューアルしてOPENいたしました!
『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』へのコメントや最新情報、上映劇場を随時更新してまいります。
TwitterFacebookInstagramと合わせてご活用ください!

INTRODUCTION

クロアチアからやって来たマリオ・クジク監督の熱情が記録した、東京ガレージ・パンク30年の狂気! The 5.6.7.8's、ギターウルフ、TEENGENERATE、Jackie & The Cedrics…。 世界的に知られる数々のジャパニーズ・ガレージ・パンク・バンドを生み出したイベント“Back From The Grave”。

1980年代後半に新宿JAMでスタートし、現在まで約30年に渡り続いているガレージ・パンク・イベント“Back From The Grave”。クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル』でも知られるThe 5.6.7.8's、最近ではCMにも出演しているギターウルフ、2014年にドキュメンタリー映画『GET ACTION!!』が公開されたTEENGENERATE、覆面画家として世界的に活躍をするRockin’ Jelly Beanのバンドとしても知られているJackie & The Cedrics等々、名前を挙げたら切りがないが世界的に知られる日本のガレージ・パンク・バンドがこのイベントから生まれた。

“Back From The Grave”は元々ハードコアパンクのイベントを主催していたDaddy-O-NovがTexaco Leathermanにライブをさせたくてスタートした企画であった。イベントは徐々に盛り上がりを見せ“シーン”と呼ばれるものが作られて行き、いつしか“Back From The Grave”には彼が“ガレージ”と認めたバンドであればどんなバンドでも出演することが出来るようになる。やがて、東京のバンドだけではなく、日本中、そして世界的に知られるガレージ・バンドも出演するような東京のアンダーグラウンドロックシーンでひと際異彩を放つイベントになって行った。

東京ガレージ・パンクの“場所”を守り続ける男がいるー。Daddy-O-Novがいなかったら、日本のロックはもっと、もっと退屈だったに違いない。

“Back From The Grave”の主宰であるDaddy-O-Novは出演バンドやDJが好きな音楽を自由にプレイし、観客たちが好きなようにダンスし、そこで共通の趣味を持った仲間と出会い、全てを忘れて騒ぐことが出来る “場所”を手に入れ守り続けてきた。そこには日本の音楽シーンにはびこる理不尽な上下関係や無駄な暴力は一切なく、ロック本来のカッコ良さと毒、そしてユーモアが溢れている。誰もが分け隔てなく楽しむことが出来る空間。そして何よりも彼こそがいつでもイタズラ坊主の様な笑顔で最もそのイベントを楽しんでいるのだ。

そんな“場所”に魅了されたのが遠く離れた異国クロアチアから日本にやってきた本作の監督マリオ・クジクである。彼は20世紀の終わりに来日すると“Back From The Grave”に自分の“場所”を見つける。そしていつしかイベントに向かう彼の手にはカメラが握られる様になる。一方アメリカで日本文化、日本のロックに魅了され来日した本作の脚本(構成)を担当したB.B.クラークも自らの“場所”をそこに見つけていた。当然の様に2人は出会い共同作業が始まる。そして、6年の歳月を費やして本作『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』は完成した。世代や性別、ジャンルや国籍、全てを受け入れる“場所”を作っていく事の重要性、それを守る為に奮闘する姿を関係者の証言で解き明かしていく。そして、なぜ極東の日本から世界的に知られるガレージ・パンク・バンドが輩出されるのかが次第に明らかになって行く。本作は120%ロックで120%ピュアな大人たちの青春物語である。

STAFF

〈監督〉マリオ・クジク Mario Cuzic

1973年クロアチアからカナダへ移民した両親のもと、カナダオンタリオ州トロント市に生まれる。労働者に囲まれて育ってきたクジクは、カナダの高等学校を卒業し、紛争の最中、両親の母国クロアチアにある大学に入学し、家族の中で初めて学位を得る事となる。1999年、兄と一緒に太平洋を渡り日本に在留、「英語教師には将来がない。」と自覚したクジクはカメラを拾ったのだった―。
『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』はクジクの長編映画デビュー作品で、前作と同様に彼の名前がクレジットの殆どを占めている。同作品は2016年8月にボスニア・ヘルツェゴビナのシロキ・ブリイェグ町にて開催される第17回Mediteran Film Festival にてワールドプレミア上映となった。クジクは現在カナダ トロント在住。

監督からのメッセージ

1999年にカナダから東京に引っ越した私は、英語講師のかたわら他にも達成感の得られ無い仕事をやってきた。30代に入って「このストレスや創作意欲の捌け口を見つけなければ自分の人生はこのままだ。」と思った私は、運よくカメラを拾い映画制作に取り組んでみたのだった。幸運にも目の前にいたのは東京のカラフルで熱狂的なバンドたちで、彼らは私が最初に作った短編映画やMVの被写体となった。
時が経ち、2011年の東日本大震災で被害を受けた東北をツアーしたバンドの短編ドキュメンタリー映画『Tsunami Attack,』(2012年)や短編作品『Enter The Void』(2009年)に出演したCyril Royと共同で短編強盗映画『The Swap』(2013年)を制作した。その後、以前から取り組んでいた東京ガレージ・パンク・シーンを語るドキュメンタリー映画を積極的に進めることにした。
そして6年間の撮影と1年半の編集を経て完成したのが『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』である。

本作は自分にとってのロックンロールの定義「心の底から出てくるものを表す。」映画である。2000年代半ばより都内のガレージ・パンクのイベントに通い始め「アーティストとは作品の制作を通じて幸福を手にする人である。」という事に気付いた。東京のガレージ・パンク・シーンは互いに認め合う“同士”の様なバンドばかりで、彼らは名誉や財産を追うのではなくむしろ創作の自由を求めている。そういう考え方は次第に私に染み込みんで行き、映画制作における自分のやり方の土台となっていった。
本作では私に影響を与えた彼らの活動や歴史を掘り下げ、様々な年齢、経歴、性別、そして趣味を持つ人々が集まるシーンを記録している。シーンのリーダー、Daddy-O-Nov氏は決して若くはない労働者だが暇さえあればガレージ・シーンのサポートやプロモーションに全力を尽くしている。彼は音楽シーンにはびこる上下関係を自分のシーンから滅ぼし、誰もが気軽に入り、友達を作り、情報交換の出来る「場所」を作った。
私にとってDaddy-O-Nov氏は実に稀有な人物であり、彼の情熱や真摯な姿勢、そして勤勉さを目の当たりにしたからこそ、世界中の人々に彼の話を伝えたくなったのである。

〈脚本・構成〉B.B.クラーク B.B.Clarke

1987年アメリカ合衆国ミシガン州アナーバー生まれ、フロリダ州セントピーターズバーグ育ち。高等学校を中退し、短期大学に通い始める。やがてカンザス州立カンザス大学に転校。そこで日本語を専攻、卒業後すぐに来日し東京で上智大学大学院に入学し日本近代文学を研究する。幼い頃から演劇が好きで、大学時代には落語と出会い、アマチュアとして噺家活動を開始。
大学院時代からガレージ・パンク・イベントに通い始め、クジク監督と出会う。クジクが既に集めてきた取材をまとめ、構成を練る事で共同作業となる。『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』は映像デビュー作品となる。現在東京都杉並区高円寺在住。

CAST


  • L→R Jimmy Mashiko、Mr. Death、 Daddy-O-Nov

  • The 5.6.7.8's

  • 20 Hits

  • Theee Bat

  • Baitones

  • Bobby's Bar

  • The Drexel

  • Eddie Legend A-Go-Go

  • The Fadeaways

  • Firestarter

  • The Fly & His One Man Garbage

  • Gasoline

  • Great3

  • The Great Mongoose

  • Jackie & the Cedrics

  • Jet Boys

  • Los Rizlaz

  • The Minnesota Voodoo Men

  • Pinky Aoki

  • Rock-A-Cherry

  • Saturns

  • Supersnazz

  • Stompin' Riffraffs

  • The Titans

  • Texaco Leatherman

  • Vivian Boys

  • Young Parisian

  • ギターウルフ

  • ザ・シャロウズ

  • 東京Cramps

  • マキニカリス

COMMENT

登場人物みんなカッコイイ。そしてめちゃくちゃ楽しそう。
90年代、自分はこの場にいなかったけど、後に仲良くなった人もたくさん出てた。
なんか外国のドキュメンタリーを見てるみたいで、このシーンがずっと続いてほしいと思いました。

― 坂本慎太郎

バンド、曲、演奏、お客さん、全部カッチョいー英語だとCOOLなんだね、ライブ空気ぐわんぐわん最高、バンドマンはステージでギラギラ不死身、絶好調な映像現場うらやましす。
自分らもずっとバンドやってっけど、やっぱちっとリフがヌルいか、緊張感スリル、センスだなセンス、潔さ、体力、色々ひっくるめてCOOLってのが足りない、モノにできてない、残念だ、しょがない。たどり着けんでダラダラ。
とにかく勝手に勉強んなりやす毎度日々精進、ライブ出かけます、とりあえずもすこしドーンと熱くならねば、COOL。いい音出したい、すげー音、グルーヴ、きっと単純なんだろけど全然もう簡単じゃないわ、でも楽しみ、いいトシこいて今更ワオワオ。 ありがとうクラーク、クジクカントクさん、ビンビンです。

― 大木温之(Theピーズ)

THEATER

地域劇場公開日前売券
東京 渋谷HUMAXシネマ 1/14(土)~1/27(金)
愛知 名古屋シネマスコーレ 1/28(土)~2/3(金)

※各劇場での前売券の販売は公開初日の前日までとなります。

TRAILER